VOICE

 

あるがままに



当たり前にしなさい

当たり前なことですから

皆そういうものです

ほら見てみなさい…

はい?

ううう

何だろうか

当たり前っていったい

頭潰しのことかな

ぎゅっと押し込めて

はみ出さないように

意識を隔離してしまうような

ガキの頃からずっと言われ続けてきたような

そんな格好やめなさい みっともないから

穴の空いたジーンズを履いても

好奇心のついでに髪を染めてみても

だいたい言う人の言うことは差ほど変わりなく

いつも同じである

なんかつまらないな

なんて思いつつ

そんな意見に反発反抗してきた

グレる

というのとはちょっと違う

自分なりの価値観や意見を尊重してきたのだと思う

それは時に猛烈な嵐となって吹き荒れてきた時もあった

その要するに嘲笑された視線に晒された時など…

都会に出てカラフルに染まり始めた頃
特に世間様の風当たりが強かったように記憶している

でもそんな最中

唯一オレの意識の中ではガキの頃から変わらぬ感覚

なんかつまんないな

同じじゃなきゃいけないのかな

逆にそちらの感覚がよく分からないよ

若さも相まってか

自分の中では まだ反発心の方が勝っていたんだと思う

反抗する してやる といった

その気持ちがなかったら きっと淘汰され

それこそ誰かしらの言いなりになって

ただただ自分自身を信じれずに
下手すれば そんな自分を嫌いになっていたかもしれない

挫折と背中合わせだった時期

いや

挫折と共に
もがき苦しみ抜いた数年間と引き換えに

今こうして我を顧みれる余裕を手に入れることが出来たと思っている

現在でも反発心はある

それは自分なりの哲学に沿って

自分なりの見てきた経験に於てではあるが

仮に自分と意見が違うことがあったとしても

それは自分のまだ経験の無いことかもしれない

だとしたら耳を傾けようではないか

その上で良いと思えば素直に取り入れる

納得しなければそれはそれでよい と思っている

人それぞれ 社会それぞれ

皆がみな 必死で生きている
それぞれのドラマがあって然り

最近そう感じれるようになり

そう感じながら生きている

ガキの頃には到底たどり着かない

感じ入れなかった感覚である

自分に余裕が無かったからであろう

人は生涯
自分という名の伴侶と共に
死ぬまで一緒に過ごして行かなければならない

自分はどうか?

オレは上手く付き合えている方だと思う

なぜそう思えるのか

それはいたってシンプルである

今を楽しいと感じているから

それに尽きると思う

よい日もあれば そうでない日もある

それもこれも自分にとって意味のあること

その積み重ねは 決して無駄ではない

と自分自身に証明出来たからである

なぜなら

今が楽しいと

思えるからである

楽しいと感じれる

その時のために

今はじっくりと耐えよう

それだって

我が人生 そのものである

それの

繰り返しで良い



思っている

さて

次には

どんな世界が見れるのだろうか

またいつの日にか

振り返る日がくるのであろうか

それすら明日になれば忘れているかもしれない

今が楽しいと思えることに

挑戦し続けなければ

この

瞬間も

だから答えは

有るようで無い

それで良いと思っている



2017,05,25, Thursday
| LIFE | 09:42 PM |

祝!半世紀






例年よりも

何かこう…

感じ入る 5月

なあ どう思う?


オレはさ

まあ ガキの頃から

そうだな

形 格好は違えど

感じ方としては 大して今と変わらない


手を伸ばせば 届きそうな所に

思い出が散乱してるっていうか

ふと記憶のタイムマシーンに乗って

サラッと行き来出来たりするんだよね

まあ とは言っても 印象に強く刻まれた事象

二、三日は思い出話で酒が呑める位の数はあるかな (笑

トリッキーでスピリチュアルだったりと多彩にね

もうさ

ガキの頃から現在に至るまで

アイツやあのコ

あの人は 彼は

あ、彼女は

誰さんや何々さん 何々くん

君 あのコたち

パッパッパッパッパッて入れ替わり立ち替わり

頭に顔が浮かぶよね


何してるかな

元気かな


どうしてるかな

また会いたいな


もちろん 今現在でも付き合いが続いている人や

たまに 会ったりする人

最近全然会ってはいないけど

話に出てくる人


オレさ

こうやって見ると

思い出には必ずシチュエーションが付くよね


例えば

場所だったり 場面だったり

義務教育から社会に飛び出し

今現在に至るまでの道程の多事だったり

まあ色々あったと思う


そして ほぼ 如何なる場面に於いても

必ず その都度

関わり遇いを持つ人が

切っ掛けを持つ人が

必ずと言って良いほど

いたんだな


思い出のシチュエーションには

必ず 自分以外の 重要な

その時々の 大切な 人たちが

必ず存在した


その都度その都度の

多彩な人たち


名前を覚えていない人もいる

でも印象には くっきりハッキリと残っている

名前を覚えている人がいる

数日 数ヶ月 数年間 一緒に語りあい 笑い 仕事をし

酒を呑んだり 互いの 部屋を行き来してみたり

一期一会にも通じる

その時々の真剣な付き合いをしてきたつもりさ

泣かせた数も…

ううっ

嗚呼…

みんな 元気でやってるかな…


なんだろう

俗に言う所の

節目の年を 迎えたのかも知れない

強がり通してあまり意識はしたくはないのだが

周りにも言われるうちに

えっ? オレにも そんな というか

よくここまで生きて来られたなあ と

いや 一人では 絶対に無理だったな

って 正直 思います


どんなに強がって見せても

あの最悪なあの時期

オレは 一人で乗り越えて来れたかい?

いいや 一人ではなかった

そうなんだよ

一人じゃなかった


そこには必ず 誰かしらの助言があったり

助けがあったりしたんだ


その助言や助けにすがるように

それだけを頼りにして

なんとか 腐らずに乗り越えて来れたかな と


ふーっ

大した人生ではないからして

まだまだ道半ば 振り返るのは早いのも承知

先が短くなる分

それまでの人生が長くなるからさ

でもその積み重ねがあったからこそ

今こうして振り返ることも出来るんだな と


人間~ 五十年~

って有名な台詞

オレなんかまだまだ全然極めてないからさ

はぁ

まだ もうちょっと

いや

もうちょっとどころか

やること山積み

うわっ

おーい 誰かー


ははは

まあ 頑張ります


もうちょっと


気長にお付き合い 宜しくお願いします


今までの人たち

ありがとうございました


これからの人たち

末長くお付き合い 宜しくお願い申し上げます


人間~ まだまだこれから~






感謝。






みんなのREDS☆


















2017,05,14, Sunday
| LIFE | 10:00 PM |

 

新しい記事

カテゴリー

過去の記事