VOICE

蝋梅




明日 雪降るのかしら


2015,01,29, Thursday
| VOICE | 07:52 PM |

2015AURA『MATSURI』01.06

最高だった。

仲間も。

君たちも…ね。

2015年。
本当に最高の幕開けだったと思うよ。

みーんな。

しつこいよぅですが…今年もよろしくす!

by KoREDS/L.A.M.F!!

2015,01,08, Thursday
| VOICE | 06:44 AM |

"MATSURI"出演陣の紹介vol.11 AURA




Aura presents

"MATSURI"2015

オーラ祭りって

過去にも様々なアーティストやバンドが多勢出演してきた謂わば正月明け恒例のライブイベントみたいなところがありました

コレッズが叩くZIGGYのコピーバンドで森重さんがグロリア歌ってくれたり
ジュディマリの切っ掛け作ったり
オレの憧れていたXのTaijiくんとセッションしたりと…

まあそれなりに歴史あったりもするイベントなんだよね☆

今回は初めて僕が祭りを仕切ってタイトルも

"MATSURI" と進化させてみました☆

今僕のいる日本のロックシーンには こんなにカッコイイ連中いるんだぜ

いやほんとはもっともっと沢山いるの知ってるし見て来てる

これはほんの一部かも知れない

しかし 今回集まってくれた出演陣の気合いは伊達じゃないぜよ

そんな日本の伝統ある
"MATSURI"をロックでぶちかませたら良いかなって思っています

バンドとか楽しいぜ☆

是非みんなもその空間に漂うエネルギーの一つとして僕らと一緒に参加して盛り上げて頂けたらなと思っています☆

2015は"MATSURI"スタートでロックを楽しもう☆


尚 この"MATSURI"を司会ナビゲートとして頂けるのは

漫画家の 喜国雅彦先生です


私くし Reds☆も先生をサポートして行きます


楽しいトークも併せてご期待下さいね


それでは皆さま

どうか宜しくお願い致します☆






2015,01,06, Tuesday
| Rock\'n Life | 12:58 AM |

"MATSURI"出演陣の紹介 vol.10 HeavensDust




もうかれこれ二年以上前になるだろうか

当時 KoREDSから聞かされた

最近知り合ったスゴいヤツがいると…


その彼は『Ben辿』にある BARにいきなりやって来て

それからも顔を出すようになったそうだ

ネイティブな英語を操り腕にはタトゥ 長髪をオールバックにまとめ 格闘技もやるらしい… と


その話を聞かされた時

オレはKoREDSに言った


「 お前 そんなヤバそうなヤツ 相手に出来んのかよ 」

まあ彼からしてみたら BARのお客さんだからして

余程その彼が店で暴れない(Shinゴメン)限り 相手にしなくてはならないわけで

「君も大変だな〜」

「 いや、ところがそうでもないんだよ とてもジェントルマンなヤツでルックスもカッコいいんだよね アメリカに住んでいたみたい 今度紹介するよ 」


昔から狛江駅前にある
『Ben辿』には ふらっと入って来てから グッとその距離が縮まり今ではファミリーのように付き合いを続けている連中が不思議と多い

彼もそんな中の一人である


HeavensDust のボーカル


Shinである


既に幾つもの伝説を持つ最高にCOOLな漢である

オレがここで語るより
彼を知る 彼の多勢の仲間たちが既にShinの魅力に引き寄せられ彼の周りはいつでも
PEACEFULなオーラに包まれている

AURAというバンドは不思議なもので 幾分ヤンチャロック界隈ではその名前を口に出したがらない風潮が昔からあったように思う (苦笑)


Shinは違った


初めてAURAのライブを観に来てくれて終演後直ぐ様 公に宣言したのである

確かTwitterだったかな

AURA 最高!とか言い切ったんだよね

ふつう皆が遠慮したがる? そのワードを 躊躇わずにしかもライブ直後直ぐに公に宣言したのだ

オレは一発でヤツの魅力に取り憑かれたよ

まったく余裕がある漢は違うぜよ


去年 彼ら HeavensDust のライブをけっこう観たな☆

そのどのパフォーマンスも
安定的にカッコ良かった!

ここにオレの大好きな MVを一つ紹介しようと思う


HeavensDust - Distressed ft Motion Man and KAI_SH…: http://youtu.be/vaOfCWHSA_U


宜しく☆



2015,01,05, Monday
| Rock\'n Life | 10:12 PM |

"MATSURI"出演陣の紹介 vol.9 YOU-DIE!!!&ザ・リーゼンツ




一昨年の夏前辺りだったか

当時、ことあるごとに入り浸っていた三宿の『BLACK』

「 ねぇSajiくん『The Club Sensation』で『湾岸の羊』のライブ決定したよ ほらオレたちまだ新人バンドじゃん 一緒にやってくれるバンドないかな… 」

それとは別に 暫くして
Sajiくんがいつもの調子で切り出した

「 今度さ レッズに会わせたい人いるから紹介するよ 楽しみにしてて 」

「 オッケー じゃ オレ先に
『レッドシューズ』行ってるから Sajiくんも店終わったら後で合流しようぜ 」

オレはタクシーに飛び乗り南青山へと移動した

『レッドシューズ』の重たい扉を開けると本日はエントランスフリーでロックンロール系のイベントが行われていた

オレ自身 まだ少し呑み足りない 踊り足りない気分だったので RIOたちとも談笑しながら いつものようにテキーラショットにジントニックをチェイサー代わりにして徐々にテンションを上げて行った

幾つかのバンド演奏が終わり DJタイムで軽く踊り

遊び足りない人の数も かなりの増えてきた真夜中過ぎのレッドシューズ

皆 思い思いに腰をくねらせ酒を呑みながら週末の夜を楽しんでいる
会場のボルテージを煽りながらコントロールする
DJのアッパーミュージック

次のバンドがセッティングをしている

オレはホールを埋め尽くした人たちの後ろで相変わらずジンとテキーラに酔いどれながら その取り巻く雰囲気をただただマイペースに楽しんでいた

ボーカルのMCが入った

始まるんだ

けっこうお客さんが入っいるので これからステージで何が始まるのかというのは後ろからでは確認出来ない

MCから間髪入れずにロックンロールが始まった

そのエッジの効いた太いカッティングギター

そのタイトなリズム&グルーヴ

演奏始まって直ぐだよ

テキーラで沸騰した血管の全て 上がり切ったオレの身体がそのタイトなグルーヴに踊らされるんだ

Yay Soooo cooool!!!!

一曲終わったら もう次の曲が待ちきれないの

早く!早く!

踊る踊るクルクル廻る

カッコいいなこのバンド!

一緒にいた仲間に

「 ちょっと前行ってみようぜ 」

オレは彼らを確かめたく お客さんを掻き分け
最前列までたどり着いた

Wow!!

グラサンとリーゼントでヒストリーをキメた正に
ロックンロールバンドという称号が相応しい出で立ちのロッカー★

Wow cool!!

カッコいいじゃん!

彼らの畳み掛けるそのロックビートと 最前列でノリノリ大騒ぎのオレ たち(笑)

勢い余って最後アンコールに飛び入りまでさせてもらったよ(笑) ユー・リアリー・ガット・ミー!

彼らの演奏で一年分 いやそれでも半年分は大騒ぎさせてもらったよ★

大盛り上がりのライブが終わった後

オレはふと閃いた!

背の高い 先程のリーゼントでボーカルギターの彼に声を掛けた

「最高だった! ちょっと時間いいかな 」

と言って彼を表に連れ出した

レッドシューズの重たい扉を開け地上に出る階段の下辺りで 簡単な自己紹介と

実は 『湾岸の羊』というバンドをやっていて今 対バンを探しています もし良かったら一緒にやりませんか と聞いたの

オレもダメ元で聞いたんだけど その時返ってきた彼のリアクションは

「 面白そうだね メンバーに聞いてみるよ 」

と、オレの想像していた答とは幾分違ったので

今思えばこの時初めて
彼の底知れぬ魅力に取り憑かれたのかも知れない★ (笑)

その場で電話番号を交換し では後日 ということでその場は別れた

暫くして 三宿の店を終えたSajiくんがやってきた

「 レッズ さっき言っていた レッズに会わせたい人紹介するからちょっと待ってて 」

そう言うとSajiくんはその人物を探しに行き 直ぐ様背の高いリーゼントの漢を連れて戻ってきた

「 レッズ 紹介するよ 彼が 某F TVプロデューサーで あの有名なイベンツ『ロッケンロー★サミット』のオーガナイザーでもある YOU-DIE!!!くん リーゼンツのボーカルだよ 」

「 うん さっき電話番号交換したよ 笑 」

「 えっ?マジで?! 早いなレッズは〜 笑」

「 ね :)」

オレさ 何せ今回初めて"MATSURI"というイベント仕切る訳だけど

まさか『YOU-DIE!!!&ザ・リーゼンツ』出てくれるなんて思わなかったんだよね

ダメ元だった (笑)

連絡したら 彼また言ってんの

「 面白そうだね メンバーに聞いてみるよ 」

まったく イイ漢ぜよ★

今度はオレからみんなに紹介するよ

YOU-DIE!!!&ザ・リーゼンツ

"MATSURI"もヨ・ロ・シ・ク★

2015,01,04, Sunday
| Rock\'n Life | 12:05 PM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事