VOICE

拝啓。

ピーちゃん。

一年が経ちました。

あっちの世界でもお元気ですか?

こちはみんな元気にヤッてるよ。

by KoREDS/L.A.M.F!!

2014,12,28, Sunday
| VOICE | 10:46 PM |

"MATSURI" 2015出演陣の紹介 vol,3


"MATSURI"

Settlement with 鈴木健太郎

Omega dripp,湾岸の羊 の ベーシスト
Ryo-ta が中心となって結成されたCover unit!

ギターにはアッパーファンクロックバンド、
ガーターヴェルトの TAKUMI★

もう一人のギターに 先日目黒ライブステーションで
ワンマンライブを演った Endgam∃の TAKU

同じくドラマーも
先日新宿WildSideにてワンマンGigを大成功させたバンド
THE LEX の Tatsuya

With ゲストシンガーに
新宿FNV,ロッソ辺りじゃ言わずと知れた
ヤングカリスマボス 鈴木健太郎氏である!
彼は時に 外タレボーカリスト!
時にX Japan Toshi! 時に!!!
その変幻自在のコスプレキャラクターにオレも最前列でヤられちまった一人である(爆)

とにかくこのメンツで奏でる
爆音リアルカヴァーONステージにヤられちまった一人である! (爆爆)



昨日、湾岸の羊の打ち上げでRyo-taがオレに言い切った


「オレが"MATSURI"盛り上げますから 任せて下さい!」



ロックだね!

みんなもオレと一緒にヤられちまおうぜ (爆爆爆)



Reds☆


2014,12,23, Tuesday
| Rock\'n Life | 06:11 PM |

Thanks




2014


2014,12,12, Friday
| VOICE | 11:59 PM |

Heaven



2014,12,11, Thursday
| VOICE | 08:53 PM |

"MATSURI" 2015出演陣の紹介 vol,2


続いて登場するのが

Nyeel 率いる 666-Three Six

ライブ? オレまだ彼らのライブ観たことない

去年まで彼らの存在すら知らなかった

ところが

あれいつだったっけな

確か、今年になって鹿鳴館で行われたイベントに仲間のバンドが出ていたので顔を出しに行きました

2階の関係者席に座りました

ホールに目をやるとかなりの数のお客さんが入っていました

と、その時

客席の中に一際目をひく

えっ?女性?おとこ?

タトゥ入れてんな

おー おー けっこうノリノリじゃん

申し訳ないけどステージ上よりも客席の そやつばかりが妙に気になったのを覚えています

途中エントランスの階段のところで接近した時、やっぱり女子か とそのまま声を掛けずにその日は鹿鳴館を後にしました

で、暫くしてから

なんとあの時見掛けた女子からここFacebookのメッセージに 是非自分たちのイベントでAURAをブッキングしたいというオファーが届きました

へぇ なかなか行動力のあるやつじゃん

顔に?似合わずその文面を読む限り 低姿勢好印象を持てました

それからまた暫くして吉祥寺GBで遭遇しました

この写真の姿のままの彼女とそのバンドのメンバーたちに!

その場所で 僕は彼女の視線を感じました

顔に?(キャラメイクだろ goodだよ) 似合わず少しモジモジしているのを察知したので、そこは僕の方から声を掛けさせて頂きました

わっと挨拶してばっと話して イェイって一緒に写真も撮りました

握手もハグもしました

それからは、また偶然に偶然?を重ね何度か遭遇致しました 今ではWebでも繋がり いつの間にかすっかり仲良くなりました

その彼女?の謙虚さの中にも物怖じのしない姿勢に共感を持ちました

さすが 666 ですΨ

僕の中では今年下半期に知り会えたヒットキャラクターでもあります

でもまだ、ライブは観ていません(笑)

しかし、今回 僕が
"MATSURI"にオファーした決め手になったのが 実はNyeel率いる666-Three Six のMVをYOUTUBEで観たのですΨ

カオス的なコア的な悪魔的な…

オレこういうの嫌いじゃないな…Ψ

さあ、みなさん

ぼくも同じです

果たしてどんなステージを魅せてくれるのかΨ

彼女は本当におんななのか

それとも…

是非みんなと一緒に見極めたいΨ

今はただそんなサディスティックな衝動にかられていますΨ

その得体の知れないありのままのディナーをみんなで食してみようではありませんかΨ

Welcome to Ψ"MATSURI"Ψ


2014,12,11, Thursday
| Rock\'n Life | 07:28 AM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事