VOICE

NEW WORLD NEW YEAR




ピーちゃんの年末ぶっこみ大作戦も一先ず大成功やな!

ほんまに美味しいところ持ってくわって妹さんとおかんも苦笑してたぜ

AURAのBGMもあれ反則やわ

良すぎるっちゅうねん

バラードはもっとあかんよ

みんな顔中キラキラになっていたぞ

最後は何故か

ふわっと背中押してもらったような

不思議で温かい気分になったわ

ピーちゃんの顔が仏様やった

ありがとうピーちゃん

よっしゃ

それじゃ一緒に東京戻って

今夜はニューイヤーワールドロックフェスティバルのステージに立つぞ!!

もちろん ゆうしょうも一緒に行く

そんなわけで

FANの皆様!

今年一年ありがとね

来年はいっちょ派手にやりますか!

AURA2014

宜しくね



Reds☆




2013,12,31, Tuesday
| Rock\'n Life | 02:38 PM |

ほんとだよ…


ピーちゃんが

心底可愛がっていたKENZO☆という後輩に

Alwaysいつも言っていた言葉がある



「I'm not afraid to die」


"俺は死ぬことを恐れてはいない"



って


って



そんなの




かっこよすぎんじゃねーかよ








2013,12,30, Monday
| Rock\'n Life | 02:02 PM |

Together




AURAのリーダー 龍巻のピー へのメッセージ
ありがとうございます


彼は旅人

またいつか僕らの前にふと戻ってくる気がしてなりません

風の中に

煌めく星石(ひかり)の中に

彼の残したメロディは輝きを放ち続ける


いつまでも

永遠に…



Reds☆













2013,12,30, Monday
| 世界地図 | 11:03 AM |

LOVE the WIND



ねぇ

ピーちゃん

オレにROCK教えてくれたのもピーちゃん

ビートルズ教えてくれたのもピーちゃん

ピーちゃんへの憧れが

オレをAURAへと導いたんだぜ

ピーちゃんの作る曲は

オレの誇りでもあるんだ

当時

オレが背伸びして曲作って

ピーちゃんに ええやんって言って貰えることが

ある意味オレの目標でもあった


ピーちゃんは本当に愛に溢れていた

それを隠そうともせずにいつでもシャンティだった

どうすればピーちゃんみたいに

歩けるのか

結局オレはピーちゃんには追い付けなかった

いつでも先の先を歩いているんだもの

つい最近 大阪港で一緒だった時もそう

相変わらず先の先を

何も臆することなく煌めきを身に纏いながら歩いていた

背中というか

その心のスケールというか

とにかく存在感が大き過ぎて

一緒に歩いていたら心底オレは無邪気になれた

それは昔も今も変わらない


ほら

ピーちゃんから曲預かってんじゃん

AURAの曲

なのに

まだ完成してない…


ピーちゃんは本当にFANのこと大切に想っている


ピーちゃんはみんなのことが大好きなんだよ


口を開けば FANの子達 というフレーズが必ずと言っていいほど飛び出すんだもの


とにかく


竜巻のピーは凄いよ

とっくに伝説だもの


昔から自分のことを風って言っていたね


オレは今でも風の中にピーちゃんを感じているよ


それはこの先も変わることはない



「 いいかレッズ シャンティやぞ ええな 」





Reds☆


2013,12,29, Sunday
| LIFE | 04:54 PM |

NEXT WORLD



ピーちゃん午後の5時51分 次の世界へ旅立ちました


AURA


2013,12,28, Saturday
| LIFE | 09:55 PM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事