VOICE

いやちょっとまったー!

こんな時こそMemoryを聴かねば・・・ But 6.7曲目くらいで 眠くなるんだよなー 声の周波数か!?  学校の先生も気にいってくれたぜ!!   ヨロシク!Reds☆aura
 


2006,10,26, Thursday
| VOICE | 09:05 PM |

本日休刊日2

昼間モードが抜けん・・  Reds☆aura



2006,10,26, Thursday
| VOICE | 08:29 PM |

Memory グラスソングの謎!?

xxoxxぉおー リーダー来たらしいじゃん! っつーか もうちょっと後かと思ったよ 昨日ライズにいたら KENZO☆が入って来て「ピーさん今日東京へ来るらしいですね」 「えっ マジ!?」  それでトリアエズ携帯Telしたら ワンコールで出て 「おおー Reds☆かー 今着いたぞー」 「ぁあっそう さっXxxx」 「おおーReds☆ まだ新幹線のホームやー 今降りたとこやー マリアにメールするから 一回切るでー 」 「ぁあ わかっプーップーップーップーッ・・」 俺が思うに ちょうど新幹線から身体半分ホームに出たタイミングに電話したな(笑)  俺が雨で ピーちゃんが風なんだけど ライズの外は嵐だったよ    ところで アルバム[Memory]なんだけど グラスソングあるじゃん 2曲  あれは 何かと云うと 昔 3枚目のシングルを作る為に 山中湖のスタジオで 合宿したんだよ  だけど なかなか曲が書けなくてさ もう 何日目だろう・・ 朝起きて いつものように スタジオ入って ラブミーの方は大体出来ていたんで これで行きますか的ノリになっていたんだけど プロデューサーも妥協的な空気の中  俺たちもそれを分かっていたので もう一度メンバーだけに してもらってさ もう切羽詰った時に 降臨したんだよ Just a friendのイントロが・・!  後はもう一瞬でラストまでいったね まぁざっとだけど 歌詞もホニャラメでね  その時スタジオのカセットデッキで録音したのが この グラスソングなんだ   奇跡的にピーちゃんが持っていたみたいで そのカセットテープの2曲を ピーちゃんの要望で入れたんだわ  へったくそでしょう(笑) 若いしね  ただ Just a friendはいい曲だよね  ラブミーもね     そんなです(笑)             Reds☆aura


2006,10,25, Wednesday
| VOICE | 05:45 PM |

ただいま

レッズ、子レッズ、マーブル、ケンゾー、マッチ 元気にしてる〜?ぴ〜ちゃんは只今東京に上陸しました。皆さんよろしくね(~o~)



2006,10,24, Tuesday
| VOICE | 07:01 PM |

低気圧

低気圧が秋を散らす   週末の予定を立て直すべきか・・・  立て直す予定があればいいのだが・・ 庭先とムーミン谷に期待しよう いつものコトながら ふと思い知らされるんだよ 今が秋なんだなぁってコトを  意識せずして 感じさせられるんだ 早いなぁーってさ   けど 今年は違う 確実に違う 忘れていた感覚を取り戻せたからね 例年ならこのまま惰性であっという間にツリーの飾りつけまで行ってしまうところだが(笑)  なぁ Kazu   去年の今頃 想像出来たか!? アンガの壁一面に 殴り書きのメッセージ 貼り付けてさ・・・  あれは 都内から車で帰ってきて そのまま 千葉で新しいBar見つけて 小池Kazuと二人で話しているうちに 無性にまたステージ やりたくなって もうギター一本とかではなく もうバンドでさ こうなったら近場でメンバー集めてやるか みたいな But そうしたら Barの裏手の方に なんかライブハウスがあるとかで 行って見た 既に閉まっていたのだが B1へ降りてゆく階段の壁には 様々なバンドのチラシなりポスターなりがぎっしり貼ってあって・・・・  しゃー 俺も貼る! そのままコンビニ探して マジック買って A4コピー紙に 殴り書きの [ 元AURAのRedsです かっこいいギター カッコイイベース マジ本気なドラマー 連絡下さい  090−5xxx-6xxx ] 100枚ほどコピーして そのライブハウスの階段の壁一面に上から下まで全部貼って来てさー (笑)  アホだよなー・・・  当然のことながら 直ぐに剥がされちゃったみたいだけどね  いや ふとそんな事もあったなぁーと 情熱の伝え方が今一へたくそで・・   なぁ 近々ビーフリート行こうぜ  お前は知っているもんな そこから始まったことを・・     ヨロシク! Reds☆aura
   


2006,10,23, Monday
| VOICE | 11:30 PM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事