VOICE

祝!半世紀






例年よりも

何かこう…

感じ入る 5月

なあ どう思う?


オレはさ

まあ ガキの頃から

そうだな

形 格好は違えど

感じ方としては 大して今と変わらない


手を伸ばせば 届きそうな所に

思い出が散乱してるっていうか

ふと記憶のタイムマシーンに乗って

サラッと行き来出来たりするんだよね

まあ とは言っても 印象に強く刻まれた事象

二、三日は思い出話で酒が呑める位の数はあるかな (笑

トリッキーでスピリチュアルだったりと多彩にね

もうさ

ガキの頃から現在に至るまで

アイツやあのコ

あの人は 彼は

あ、彼女は

誰さんや何々さん 何々くん

君 あのコたち

パッパッパッパッパッて入れ替わり立ち替わり

頭に顔が浮かぶよね


何してるかな

元気かな


どうしてるかな

また会いたいな


もちろん 今現在でも付き合いが続いている人や

たまに 会ったりする人

最近全然会ってはいないけど

話に出てくる人


オレさ

こうやって見ると

思い出には必ずシチュエーションが付くよね


例えば

場所だったり 場面だったり

義務教育から社会に飛び出し

今現在に至るまでの道程の多事だったり

まあ色々あったと思う


そして ほぼ 如何なる場面に於いても

必ず その都度

関わり遇いを持つ人が

切っ掛けを持つ人が

必ずと言って良いほど

いたんだな


思い出のシチュエーションには

必ず 自分以外の 重要な

その時々の 大切な 人たちが

必ず存在した


その都度その都度の

多彩な人たち


名前を覚えていない人もいる

でも印象には くっきりハッキリと残っている

名前を覚えている人がいる

数日 数ヶ月 数年間 一緒に語りあい 笑い 仕事をし

酒を呑んだり 互いの 部屋を行き来してみたり

一期一会にも通じる

その時々の真剣な付き合いをしてきたつもりさ

泣かせた数も…

ううっ

嗚呼…

みんな 元気でやってるかな…


なんだろう

俗に言う所の

節目の年を 迎えたのかも知れない

強がり通してあまり意識はしたくはないのだが

周りにも言われるうちに

えっ? オレにも そんな というか

よくここまで生きて来られたなあ と

いや 一人では 絶対に無理だったな

って 正直 思います


どんなに強がって見せても

あの最悪なあの時期

オレは 一人で乗り越えて来れたかい?

いいや 一人ではなかった

そうなんだよ

一人じゃなかった


そこには必ず 誰かしらの助言があったり

助けがあったりしたんだ


その助言や助けにすがるように

それだけを頼りにして

なんとか 腐らずに乗り越えて来れたかな と


ふーっ

大した人生ではないからして

まだまだ道半ば 振り返るのは早いのも承知

先が短くなる分

それまでの人生が長くなるからさ

でもその積み重ねがあったからこそ

今こうして振り返ることも出来るんだな と


人間~ 五十年~

って有名な台詞

オレなんかまだまだ全然極めてないからさ

はぁ

まだ もうちょっと

いや

もうちょっとどころか

やること山積み

うわっ

おーい 誰かー


ははは

まあ 頑張ります


もうちょっと


気長にお付き合い 宜しくお願いします


今までの人たち

ありがとうございました


これからの人たち

末長くお付き合い 宜しくお願い申し上げます


人間~ まだまだこれから~






感謝。






みんなのREDS☆


















2017,05,14, Sunday
| LIFE | 10:00 PM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事