VOICE

LOVE the WIND



ねぇ

ピーちゃん

オレにROCK教えてくれたのもピーちゃん

ビートルズ教えてくれたのもピーちゃん

ピーちゃんへの憧れが

オレをAURAへと導いたんだぜ

ピーちゃんの作る曲は

オレの誇りでもあるんだ

当時

オレが背伸びして曲作って

ピーちゃんに ええやんって言って貰えることが

ある意味オレの目標でもあった


ピーちゃんは本当に愛に溢れていた

それを隠そうともせずにいつでもシャンティだった

どうすればピーちゃんみたいに

歩けるのか

結局オレはピーちゃんには追い付けなかった

いつでも先の先を歩いているんだもの

つい最近 大阪港で一緒だった時もそう

相変わらず先の先を

何も臆することなく煌めきを身に纏いながら歩いていた

背中というか

その心のスケールというか

とにかく存在感が大き過ぎて

一緒に歩いていたら心底オレは無邪気になれた

それは昔も今も変わらない


ほら

ピーちゃんから曲預かってんじゃん

AURAの曲

なのに

まだ完成してない…


ピーちゃんは本当にFANのこと大切に想っている


ピーちゃんはみんなのことが大好きなんだよ


口を開けば FANの子達 というフレーズが必ずと言っていいほど飛び出すんだもの


とにかく


竜巻のピーは凄いよ

とっくに伝説だもの


昔から自分のことを風って言っていたね


オレは今でも風の中にピーちゃんを感じているよ


それはこの先も変わることはない



「 いいかレッズ シャンティやぞ ええな 」





Reds☆


2013,12,29, Sunday
| LIFE | 04:54 PM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事