VOICE




ワイが龍巻のPIEや

サイドストーリー参照やで →→→


2017,09,12, Tuesday
| VOICE | 06:29 PM |

恩師






加茂先生は僕の中学校時代の
恩師でもあり、三年間僕らの担任、
美術と英語を教える当時とても
ファンキーな先生でした。

この度、個展の知らせを受け取り
初日でもある本日、ご挨拶がてら
お会いしに行って来ました。

相変わらず素敵な作品の数々、
じっくりと堪能させて戴きました。
懐かしいお話も沢山出来て
とても有意義な時間を過ごすことが
出来ましたこと、
心よりありがとうございます。

もう、かれこれ云十年の
お付き合いをさせて戴いております。

しかし加茂先生、当時とあまり変わってない!若ッ!


加茂富美子展
@ 杜のギャラリー海




2017,09,10, Sunday
| LIFE | 08:07 PM |

加茂富美子展













At 杜のギャラリー海

-Flower Power-
9/10〜18
16休廊
12時〜18時(最終日は17時まで)


2017,09,10, Sunday
| LIFE | 07:54 PM |

9.16



AURA 必見!



2017,09,01, Friday
| VOICE | 06:59 AM |

突然の知らせ





正直迷った 敢えて書いていいものかどうか…。

それは奇しくもコレッズのバースデーと同じ8月22日の午後2時前の着信履歴。

おや、誰だろうと思ったら
JIUのベーシストでもある千葉くんからであった。

彼とはいつもLINE、メッセンジャーでやり取りするので
どうしたのかな?と思い
直ぐに折り返しの電話を入れた。

2コール目に出た電話口の声色はどことなく重く感じた…。

「千葉くん どうした?」

「いいですか レッズさん 『川菜』のママが 亡くなりました…。」

「え?」

「丁度お昼時、湯村と二人 ママの店で食事をしていた時に 急にママの具合が悪くなったので救急車を呼び、はるさんに付き添ってもらい病院に向かわせたんですが 搬送先の病院で先程亡くなりました…‥。」

「え? 嘘‥ だろ? 」

「昼時、お店も忙しく一人厨房で料理を作っていたのですが 暑さの為の熱中症みたいです…。」

オレは驚いた。
電話口の会話が今一つ理解出来ない。

正直まだ受け止められないでいる。

今ここに、このことを書き記していいものかどうか。

ただ、オレを応援してくれているファンのみんなに知っていてもらいたい‥。
オレのSNS等で 『川菜のななこママ』
このワード見たことある人もいるはず。

正直、New town = 中野新橋
この街の仲間たちは
今のオレにとって掛け替えのない存在であり、
もう家族のように近しい存在であったりもするんだ。
早朝、『川菜』というお蕎麦屋さんの横扉をガラガラガラと開けると
そこにはいつも元気で可愛らしいママが

「いらっしゃい」

って 当たり前のようにオレたちを迎えてくれる。
一晩中呑み明かしたオレたちバンド仲間だったりを分け隔てなく受け入れて
優しく見守ってくれる。

「ママ ビール2本ね」

ママ日本語上手いんだよ
なんの問題もないの
ママは台湾人なんだ
でもずっと日本にいる。

最初の頃 オレが一人でお蕎麦を食べに立ち寄ったところ

「あんた日本語上手ね やっぱり学校とか行くんでしょ」

って暫く言われてたっけ。 笑

ライブにも何回も来てくれたな

「あんた 歌上手いね 何飲む? ご馳走するよ」

ってメロディア東京のBARカウンターでよく生ビールご馳走になったっけ。

お店ではオレたちの仲間、伊与木一彦さんの三曲入りCD 『New town』をいつもかけている。

僕らはママの店で冗談でなく100回、いや 300回以上は『New town』を 聴いたのではないか。

ママの一番のお気に入りCDである。

けして大袈裟な話ではなく
何せ、慶たんの『プッチーキングマーケット』が終わってから
朝6時に『川菜』へ行き、
皆とつい話に夢中になると
その朝10回以上は伊与木さんの『New town』を
BGMがわりにルーティンさせることが
恒例だからである。

店のラジカセに一番近い人が
エンドレスにリスタートを押して行くからである。

ライブイベントのチラシも快く貼ってくれた。

ママの若かりし頃の話も沢山聞かせてくれた。

とにかく いつでも笑顔が可愛らしくて
中野新橋の人気者だった。

ほぼ毎週会って、慶たんなんかは ほぼ毎朝顔出して 「ママ元気〜?」って

オレも一昨日会ったばかりだよ。

「また、ライブ行くよ〜」

って あんなに元気だったのに…。


ほんと 長々と申し訳ない


正直、動揺してる。


コレッズには言った

ほんとはTwitter辺りでオマエの誕生日盛り上げてやりたかったけど わるいな って

アイツは分かってくれた。


オレも意味不明なTwitterの投稿で申し訳ない。


誰かに聞いて欲しくて


一人じゃ受け止められない


このままじゃ


SNSも もう書けないよ。


自分のことしか考えてないな…。


今、中新の仲間たちが色々と奔走している。

みんな辛かろうに


オレたちにとっての『川菜』は


思い出が多すぎるよ。


ほんとに多すぎる。


写真も沢山ある。


ママの声が頭の中でぐるぐるとこだましている。


まだ信じられない


信じられない


…。








2017,08,22, Tuesday
| LIFE | 07:36 PM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事

プロフィール

RSS

LINK

POWERED BY

BLOGN(ぶろぐん) BLOGNPLUS(ぶろぐん+)

このページの先頭へ