VOICE

( ´∀`) Happy Rock'n Birthday




ピーちゃん誕生日おめでとう。

こちらもいよいよって感じで

楽しくやってるから引き続き見守っていてくれな!

にしても、

今日は朝から一日、風が強い。

流石、我らが竜巻のピーやな。

( ´∀`) Happy Rock'n Birthday to PIE-chan/AURA








2019,03,21, Thursday
| VOICE | 05:54 PM |

ROCK'N ROLLは終わらない




1990年12月、東京ドームで行われた
ジョン・レノン生誕50周年チャリティーコンサート
『Greening Of The World /G.O.W.』に
AURAとして出演させて頂いたとき、
黒ずくめのひらりとした衣装に
黒いサングラス姿の男が、
たった一人
だだっ広いバックステージのエントランスに颯爽と現れ、
もの凄いオーラを放ちながら
風のように僕らの前までワッと来て、
サングラスをパッと外し
「初めまして、内田裕也です。
丸山さんのエピックでやられてるんですか?本日は宜しくお願いします。」と
その真っ直ぐスギル鋭い眼光に
ジェントルマンシップな振る舞いで声を掛けられ、この目の前の圧倒的存在感に硬直してしまった僕たちは、
宜しくお願いします!と
当時、赤や黄色、緑や紫と意気がった格好とは裏腹に、
咄嗟に本能のまま深々と頭を下げることが
精一杯であった。
俺たちみたいな若手の新人に対して
この偉大なる男の振る舞いはいったいなんなんだと、
落雷に遭った衝撃と同時に、
なんてカッコいいんだ、
カッコ良すぎる!!!と、
完全にハートを撃ち抜かれてしまった。
ほんの 2、3分の出来事ではあったが、
あの鋭い眼光にして
この最高にジェントルマンな振る舞いには
完璧にノックアウトされてしまった。

僕と内田裕也さんとの一番最初の出会いは
それであった…。


余談ではあるが、
勿論ブラウン管を通して内田裕也という男の絶大たる存在は知ってはいたが、
当時の僕らの周りにいた業界系の先輩たちから、
内田裕也とは何ぞや (怖いぞ、ヤバい、近づくな 等々…) という話 (噂?) も
散々聞かされていただけに、
あくまでも僕の勝手なファーストインプレッションではあるが、
聞いていたイメージよりは遥かに魅力的に
感じた僕の感想は、
それ以降 30年近く、一切変わることはなかった。


確かに、怖かったけど…ね。



REDS☆











2019,03,21, Thursday
| Rock\'n Life | 02:19 PM |

内田裕也





僕は


裕也さんのことが


大好きでした


そして


沢山のことを学ばせて頂き


本当に


ありがとうございました




ROCK'N ROLL












2019,03,18, Monday
| Rock\'n Life | 12:25 PM |

だからこそ





今が最高に楽しい



という気持ちは



びくともしないよ

















2019,03,05, Tuesday
| VOICE | 08:14 PM |

宣言





今の自分が最初からいると思うのは

大間違いで

地獄を見て

地に足をつけたその瞬間から

じっくりと時間を掛け

構築し

やっと今の自分に辿り着いた

その今の自分は

新たなスタートを切ったばかりである







2019,03,05, Tuesday
| VOICE | 08:13 PM |

新しい記事

カテゴリー

過去の記事